What's New

新着情報
2019.4.27

webサイトリニューアルしました

三佐の祭り由来

三五〇年以上前、藩政時代時の領主中川公が参勤交代の際、大阪や京都祇園祭を見て感激し手本にして、領地三佐(岡藩)で始められた祭りと伝えられています。 華麗に彩色された彫刻と、精密に作られた人形が素晴らしい豪華絢爛な山車です。
 

三佐の歴史と祭りについて

 
岡藩三佐入港絵馬(野坂神社)
三佐地区は江戸時代、参勤交代の港町として栄えたところであります。江戸時代初期の元和9年西暦1623年に中川4代目・岡藩2代目藩主 中川久盛公が、三佐の地を拝領し、参勤交代の御着船場として整備、町割を行いました。現在残る三佐の町名は、ここに由来します。
 
 
中川公が崇敬した野坂神社
三佐八坂に鎮座の野坂神社はその昔、漁夫の弥藤次(やとうじ)という人が、海中より光り輝く霊石を拾い上げ祀っておりましたが、その後江戸時代に6代藩主中川久恒公が、熊野権現の分霊を勧請し、八坂山大権現として神殿・神楽殿等の諸建物を寄進し、中川家武運長久の祈願所として歴代藩主は参勤の折、航海の安全を祈願したといわれています。
 
 
参道を山車が行く(昭和初期頃)
三佐の山車の由来については、確かな文献等は残っておりませんが、一説ではその昔、中川公が参勤交代の折、京都の祇園祭の行列を見て感銘を受け、腕自慢の大工と住民数名を上洛させ、大工には山車を、他の者は太鼓と鉦を習わせて始めたと伝え聞いております。
 
 
山車を華やかに彩る人形。
当時の三佐は、藩主の御座船等の船を新造・修理するための大工が数多く居たため、これが発展して神社仏閣を手がける大工集団となりました。これら三佐大工が腕を競って作った山車は、明治から大正・昭和初期にかけてのもので御殿に施された見事な彫刻は、その腕の高さをうかがわせます。
三浦氏の作。
 
 
野坂神社にて三役会議
現在、新港・大村・板屋町・薬師堂・裏町・仲村・仲町・本町・遠見・八坂の10町内で野坂神社祭典を行っております。その年の祭典を執行する大年番は、祭典が円滑に進行できるよう、三役会議を招集し、決定事項および確認事項等を協議します。
 
 
郷土が誇る野坂神社祭典
野坂神社祭典は、三佐の人にとって心のお祭りです。地域に住む住民相互の絆を深め、世代を越えた交流の場を提供しております。

また、先人達が残した山車は地域の誇りであり、貴重な文化財です。昼間の豪華絢爛さ、夜は提灯に明りが灯り勇壮に練る様子は、見る人に感動を与えます。
 

祭典順路図